人気店をチェック!札幌の結婚指輪ショップガイド

後悔しないための結婚指輪の正しい選び方

結婚指輪は、結婚式で指輪を交換したその日から身につけていくものです。購入する時期に流行っていたデザイン性の高い指輪を選ぶと、数年後に飽きがきてしまうかもしれませんし、豪華な装飾が付いている指輪は不便に感じるかもしれません。結婚指輪は一生身につけていられるかという点を踏まえて購入することが大切です。ここでは、結婚指輪を購入する際の選び方のポイントについて紹介しています。

あらかじめ購入する指輪の予算を決めておく 

結婚指輪の予算が十分にあるなら問題ありませんが、結婚式を挙げたりこれからの新生活に向けて家具を購入したりと、結婚はお金がかかるもの。

「結婚指輪は金額に妥協せずに選びたい!」という人もいますが指輪の値段はピンキリです。予算を決めておかないと選択の範囲が広くなり過ぎてしまい、2人にとっての運命のリングを見つけるのが難しくなってしまいます。

購入予算を決めておけば選ぶ際の基準になりますし、お店で店員さんに「購入予算はこれくらいです」と伝えられ、的確なアドバイスや購入候補が提示されやすくなるのです。お店へ行く前にネットで探す場合でも、予算が決まっていれば絞り込みがしやすくなります。

結婚指輪を選ぶ際は、結婚資金を全体的に考えながら、2人でだいたいの予算の幅を決めておきましょう。

購入方法を決める

購入予算が決まれば、次は購入方法を決めます。結婚指輪の購入方法は大きく分けて下記3つです。

既製品(レディメイド)を購入する

ダイヤモンドの種類やデザインがすでに決められた商品のラインナップから選び、購入する方法になります。生産量が多く、ほかの購入方法と比べて比較的値段を安く抑えられるのが特徴。ラインナップされている商品が多く、店頭に現品があるので手に取って試着しながら選べるのが大きなメリットです。既製品と言っても購入したら当日持ち帰るのではなく、取り寄せやサイズ調整などを行なうため、最短でも数日から1週間程度は掛かることを覚えておきましょう。

指輪をセミオーダーして購入する

ダイヤモンドの種類やアームのデザインの素材などを自由に組み合わせて、自分たちだけのオリジナルの結婚指輪を作れるのがメリットです。予算が決まっているのであれば、予算をすべて使うことで理想の結婚指輪に近づけることができます。既製品よりも値段が高くなる場合がほとんどですが、満足のいく指輪が手に入るでしょう。デメリットとしては、既製品と比べて完成・納品までの時間がかかるところ。結婚指輪をセミオーダーする場合は最低でも2ヵ月はかかると想定しといてください。

指輪をフルオーダーして購入する

セミオーダーとは違い、デザインや素材の選択に制限がありません。自分で結婚指輪のデザインを考えてもいいですし、プロにお願いして作ってもらうこともできます。素材や宝石に関して、ほかの人と絶対に被らない種類を要望することも可能です。既製品とセミオーダーと比較して値段は掛かりますが、高い満足度が得られるでしょう。

結婚指輪の素材を決める

結婚指輪の素材はプラチナかゴールドが主流です。ゴールドのなかでもイエローゴールドやホワイトゴールドでは、指につけたときの印象が全然違います。同じデザインでも素材とカラーの違いによって与える印象が変わるため、実際に試着してみて自分の肌と雰囲気が合っている指輪を選ぶようにしましょう。

また、指輪の素材を決める際は金属アレルギーについても考慮する必要があります。今はアレルギー反応が出なくても、長年つけることで金属アレルギーが出る場合も。心配な方は金属アレルギーが出づらいと言われている「チタン」や「レアメタル」といった素材を選ぶのをおすすめします。

ダイヤ付きにするかシンプルなものにするか選ぶ

素材が決まったら、デザインをどうするか決めます。ゴージャスな指輪にしたいならダイヤ付きのデザインがおすすめ。素材が同じ指輪でもダイヤモンドのカラット数が少し上がると数十万円単位で値段が変わってくるので、予算を決めている場合は注意が必要です。

ダイヤ付きだと家事や仕事の際に不便になることを考えるなら、シンプルなデザインの指輪にすると良いでしょう。

結婚指輪を購入した人の声

敷き詰められたたくさんのダイヤに一目ぼれ

結婚指輪はシンプルなものがいいと考えていましたが、ダイヤがたくさん詰まっている指輪を試着してみると可愛くてこちらにしました。金額を気にせずに好きな指輪を選ばせてくれた旦那に感謝です。(女性/26歳)

二人が大好きなブランドの結婚指輪に即決!

どのブランドを見ても可愛いデザインがたくさんあり、かなり悩みました。ですが私と旦那が大好きなブランドである「バーニーズニューヨーク」で結婚指輪を見つけ、即決で購入。お互い89年生まれで付き合った記念日も8月9日だったので、指輪に「89」と数字を彫りました。(女性/28歳)

自分たちが納得のいくオリジナルのデザイン

想いを込めたものにしたかったので、オリジナルデザインの指輪を購入。付き合って7年での結婚をダイヤで表現したり、テクスチャも工夫したりしました。婚約指輪と重ね付けできるデザインなので、さまざまな組み合わせでアレンジして楽しんでいます。(女性/26歳)

結婚指輪を購入してよくある後悔

デザインに飽きてしまった

結婚指輪は毎日つけるもので、買い替えることもほとんどありません。そのため、デザイン選びは慎重に行うのが大切です。シンプルなつくりやデザイン性が高い指輪でも、「自分がずっとつけていける指輪かどうか」を重視して選びましょう。シンプル過ぎると「もっと華やかなものにすれば良かった」と思うかもしれませんし、逆にデザインに凝った指輪だと「もっと目立たないものにすればよかった」など、後悔する可能性があります。自分なりに飽きがこないデザインを選んでください。

妥協して選んでしまった

予算の関係やパートナーとの意見が合わないという理由で、妥協して結婚指輪を選んではいけません。結婚指輪は毎日つけるものなので、少しでも妥協して選んでしまうと購入後に後悔してしまう可能性が高いです。予算やデザイン面で二人が納得するまで諦めずに探しましょう。ショップに足を運ぶだけでなく、インターネットや雑誌などからも指輪の情報を収集することが大切です。

アフターケアがなかった

結婚指輪は毎日つけていると傷ができ、徐々に歪んでくることがあります。体型の変化によってはサイズ直しが必要な場合も。結婚指輪はアフターケアが必要になることを見据えて、保証期間やサイズ直しなどがどのくらい受けられるのか確認しておきましょう。

 
札幌の結婚指輪ブランドショップを比較するサイト