人気店をチェック!札幌の結婚指輪ショップガイド

おしゃれで魅力的なデザインがたくさん!札幌で結婚指輪を見つけよう

ずっと身につけているジュエリー「結婚指輪」。幸せなカップルが一緒に選んでも、プレゼントされても幸せを感じるアクセサリーのひとつです。形式的なものではなく、一生大切に身につけておける指輪は「石つき」、「エタニティ」、「コンビネーション」など、幸せなことをイメージできるデザインはさまざまです。

おしゃれで魅力的なデザインの結婚指輪を札幌で見つけてみましょう。まず、どんな結婚指輪や婚約指輪のデザインがあるか紹介します。

結婚指輪を選ぶなら知っておきたいデザインの種類

花嫁にとって特別な意味を持つ「結婚指輪」は、指輪の価格やブランドだけでは決められません。心労が結婚式の後につけるという方も増えているので、新婚のご夫婦にとっては、デザインや着け心地のほうが結婚指輪を決めるポイントになるでしょう。長く使えるもの、アフターケアが整っているものなど、後悔しない指輪選びのコツを知りたいところです。

最近人気があるのは、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)を両方とも重ねてつけることに注目集まっています。結婚までの想い出と挙式の後の夢を2つの指輪にして毎日つけるというもの。重ねて付けられるようにデザインされた指輪に人気が集まっているのです。

婚約指輪(エンゲージリング)

以前は、結納のときに一緒に贈られるものでしたが、シンプルな結婚式のスタイルが多くなり、婚約した時点で贈られたり、婚約記念品として交換したりというケースに変わっています。その数か月後には、結婚指輪も贈られることがあるので、結婚指輪とも合わせられるデザインが注目されています。

結婚指輪(マリッジリング)

挙式のときに新郎と新婦が交換し、ふたりのイニシャルに挙式の日付を刻んで、毎日身につけることが結婚指輪のオリジナルのスタイル。日本人男性は、恥ずかしいという気持ちから身につけなかったり、ネックレスにしたり。それでもお揃いで持つ指輪は、きっと結婚指輪だけでしょう。

石つき指輪の魅力

ダイヤやサファイヤ、エメラルドなど、プラチナやゴールドに埋め込んだタイプの「石つき」。男性がはめる指輪には、目立たないところに女性と同じ石が付けられています。「不滅」や「不屈」とも言われるダイヤは圧倒的な人気がありますが、ピンクサファイアやエメラルド、思い出深い石を利用した指輪もおしゃれで注目されています。

一粒のダイヤを引き立てる「ソリティア」は、シンプルでも婚約指輪の王道ともされているデザインです。ソリティアは、「ソリテール」という仏語の単独という意味が関係していますが、最近では結婚指輪を添えて2つの指輪を身につけることが多くなりました。ダイヤや石の大きさ、指輪をはめる方の指によって、魅力も雰囲気も変わります。そのため、石つき指輪のデザインは、おしゃれなだけでなくこだわりのポイントになるのです。

華やかな指輪のデザインでもある「メレ」は、小さなダイヤと中央にある石を魅力的に映し出すデザインで、バリエーションやオリジナリティに溢れています。オリジナルのデザインをつくることもできるので、個性的な指輪が作りたいときにおすすめが「メレ」ともいえます。

永遠という思いをこめて エタニティリング

根強い人気と魅力がある「エタニティリング」には、大きく分けて4つのデザインを持つことが特徴です。結婚指輪で人気のあるエタニティの特徴がわかると、指輪選びも楽しくなり、身につける時間も楽しめます。

エタニティといえば、だれもが思い浮かべるデザインの「共有爪留め」。ひとつの爪で両サイドのダイヤを捉えているようなデザインが共有爪留めになり、高貴な印象とダイヤの存在感をより一層際立てる指輪です。ダイヤの輝きを引き立てるために考えられたという、4つの爪で1つの石を留めるデザインの指輪。石が取れてしまうリスクを抑えて、郷土の強さも特徴です。大人っぽいデザインの指輪で、バケットカットの宝石やダイヤをレール留め下おしゃれなデザインが「レール留め」です。包み込むかのようなイメージで、宝石の両サイドを押さえているので、おしゃれなのに強度もあるのが特徴です。

「彫留め」は、ダイヤや宝石をプラチナやゴールドに埋め込んだデザイン。衣類などをひっかけることがなく、毎日はめても飽きずにつけられるデザインが人気です。いつも身につけているために「彫留め」のエタニティを選ぶ方もいるほどです。華やかな「彫留め」デザインにも、前面に宝石を埋めたフルエタニティと半周埋め込んだハーフエタニティから選べます。

コンビネーションで大人の魅力

根強い人気のあるプラチナでも、店頭でつけてみたらゴールドのほうが似合うかも……ということも数知れず。日本人の肌や指には、ゴールドが似合うのでエタニティの中でも「コンビネーション」は、個性的な指輪が楽しめる魅力があります。組み合わせもさまざままで、プラチナ&ゴールド、ピンクゴールド&イエローゴールドなど、2種類以上の素材が魅力のコンビネーションに仕上がります。

男性にも人気幅広

幅広にデザインされた結婚指輪。ボリューム感があり、石がなくてもゴージャスにも見えます。指輪の幅は、3.5mm以上が一般的で、オリジナリティのある指輪を検討しているおふたりにぴったりです。カジュアルでも幅広の指輪を身につける男性がいらっしゃいますが、結婚指輪もボリューム感があることから男性にも喜ばれるデザインがたくさんあります。

存在感のある幅広の指輪は、アスリートやスポーツ選手など、体格のがっしりとした方に特に人気。オリジナルデザインが多い幅広の指輪は、シンプルデザイン、インディアンジュエリー風、アラビアン風など、指とのバランスでもおしゃれに楽しめます。

後悔しやすい結婚指輪の特徴は

毎日つける結婚指輪の「デザイン」は、ずっとつけていられるかを考えると、慎重に進めたいところです。シンプルでデザイン性の高い結婚指輪は、日を増すごとに愛着と幸福感が現れるとも言われています。しかし、もっと華やかなほうがよかったとか、デザインが凝りすぎているとか、後悔してしまうこともあるのです。デザインがよくても重さを感じるというときも、つけることが少なくなるきっかけになります。飽きのこないデザインで長くつけられるものを選ぶことがおすすめ。

また、予算に合わせたり、パートナーと希望のデザインが合わなかったりで妥協してしまうのも、後悔するきっかけになりかねません。Webサイトやジュエリー専門店だけでなく情報誌などからも、たくさんの情報をチェックして納得できる結婚指輪を見つけましょう。

 
札幌の結婚指輪ブランドショップを比較するサイト