人気店をチェック!札幌の結婚指輪ショップガイド

ダイヤの質にもこだわり 4Cのおすすめ結婚指輪

長く身につける指輪だからこそ、飽きないデザインやおしゃれなものから選びたいという「結婚指輪」は夫婦だけの証です。そんな大切な結婚指輪には、おしゃれ感覚だけでなく質にもこだわりたいもの。

そこで、永遠の輝きのあるダイヤモンドを使用した結婚指輪を候補に挙げてみませんか。高級感もあり、魅力的な輝きを持つダイヤ付き結婚指輪は、まさにおふたりのスタートにふさわしく永遠の日々を刻み始めます。シンプルなものからゴージャスなものまで、魅力的な4Cの結婚指輪を紹介します。

結婚指輪を選ぶなら「4C」

「すべての女性たちへ美しさと、ときめきを」というコンセプトで、輝き続ける指輪を生み出している「4C」。ジュエリーの専門店から始まり、ブライダルコーディネートまで幅広く展開し続けているのは、「4C」の魅力が一人ひとりに伝わることでしょう。「4C」のジュエリーを身につける人が、さわやかな気持ちや満足感など、女性の心を満たせることに関係しています。

4Cの魅力とコンセプト

「4C」は、20代から40代の女性に愛されるアクセサリーの中でも、デザインだけでなく品質にもこだわりがあるさわやかなイメージが特徴です。1972年に誕生してから、常に新しい商品を作りだすことが意識されており、ブランド「4℃」としての価値が日々強まっています。

「4℃」だけでなく、「canal4℃」、「EAU DOUCE4℃」、「MAISON JEWELL」、「Luria4℃」など、数多くのブランドを展開しています。これは、おしゃれなジュエリーショップとしての評価だけでなく、多くの人々に愛されるアクセサリーを作りだしていることの証拠です。ブランドそれぞれにコンセプトがあり、若い世代、ビジネスのシーンに役立つオフィス向け、カジュアルなコーディネートにあうもの、フォーマルなドレスアップに合うものなど、多彩なジュエリーから選べることが魅力です。

しかし、高い評価を得ているのは、やはり「婚約指輪」と「結婚指輪」。身につける人を幸せにしたいという思いが込められています。 「結婚指輪」の価値は、価格やブランドだけで決まるものではありません。幸せなおふたりのために、デザインやリングの着け心地だけでなく、質やアフターフォローなども結婚指輪を選ぶポイントになります。

結婚指輪に最適な「4C」

最近人気がある婚約指輪と結婚指輪の重ねてつけるコーディネート。女性の間で人気の高まるスタイルで、おふたりの想いを常に身につけていられるリングとして注目されています。出会いから婚約までの想い出を詰めた婚約指輪と、ふたりで生きていくことを決めた決意とこれ方の幸せを願った結婚指輪。この2つは、幸せなおふたりの象徴になるかもしれません。

4Cの結婚指輪の特徴は

「4C」の結婚指輪は、おふたりの心を一つに結び、幸せな家庭と将来のために願いを込めたマリッジリングです。古代からのいわれをもとに、信頼や願いを意味する左手に、心臓につながっている薬指にはめるリングを贈りあう、そんな魅力を引き立てる結婚指輪を紹介しています。

一般的には、結婚指輪は挙式のときに夫婦が交換し、挙式の日付や二人のイニシャルを彫り込みます。ほとんどの女性は毎日身につけますが、男性は恥ずかしさやビジネススタイルから、ネックレスにしたりフォーマルなときにだけつけたり。

「4C」の45周年を記念して製作された「アクア二スタコレクション」をはじめ、不動の人気を誇る「パーフェクトプラチナコレクション」など、カップルに人気のある結婚指輪のシリーズです。また、「4Cアクアニティ」や「ストレートライン」、「Vライン」、そして大人気「エタニティ」と、シンプルなものからゴージャスなものまで魅力的な輝きを提供しています。

「4C」の魅力が伝わるダイヤ付き結婚指輪の魅力

ダイヤをつけた、もしくは、並べたり、散りばめたりした結婚指輪。男性が身につけるリングには、見えるところにはダイヤはありませんが、内側に女性と同じダイヤが付けられるようになっています。ダイヤには、「不滅」や「不屈」とも言われる意味があり、これからお互いの生涯をともに歩くふたりには、最適な意思選びともいえます。

「4C」だけのプラン 結婚指輪の新しい選び方

「4C」では結婚指輪の新しい選び方プランがあります。お気に入りの結婚指輪を見つけるために、一週間の期間内で、妥協しない結婚指輪を選ぶためのサンプルリングを試すことができます。毎日の暮らしの中で、オフィスや自宅、カジュアルなシーンなど、着け心地や見え方を確かめることのできる方法です。かけがえのない結婚指輪選びを楽しめるおすすめのプランです。

輝きに満ちたダイヤの指輪

ダイヤを評価するのは、「カラット(大きさ)」と「カット(輝き)」の2つのポイントです。ダイヤを評価する4Cにおいては、ダイヤのカットが高評価なものであれば、より一層ダイヤの輝きを楽しむことができます。カラットは見た目で判断されるダイヤですから、「4C」でも最新の注意を払ってダイヤ選びに注力しています。

ダイヤは、一般的に無色透明で透き通ったものほど、高く評価されます。透明感のあるダイヤは、昔から金剛石と言われてきた最高の価値を持つ宝石で、魅力的です。ダイヤのカラーグレーディングは難しいものがありますが、宝石鑑定士の適切な判断と、「JJA/AGL認定マスターストーン」により比較を進めていきます。標準的な生活環境では見分けることが難しいほどのわずかな差しかないでしょう。

GIAのカラースケールでは、「D、 E、 F を無色」、「G、 H、 I、 Jをほぼ無色」と分けていますが、世界的なジュエリーブランドでも、婚約指輪はIカラーまでの台とされています。透明感のあるダイヤを選ぶなら、Gカラー以上を目安にすることがおすすめです。

ダイヤ付きなら結婚指輪のアフターフォローも万全

結婚指輪の場合には、石留め直しや石紛失保証にも対応しています。結婚指輪に施されたメレダイヤの場合など、ダイヤのゆるみや外れなど、留め直しなどのアフターフォローもしっかりと行います。また、ダイヤがなくなってしまったという場合にも、無料にて新しいダイヤを留めサービスも含まれているのは、安心で信頼できるサービスのひとつです。

妥協しない結婚指輪選びには「4C」がおすすめ

結婚指輪の「デザイン」も「品質」も、妥協せずに選びたいものです。ダイヤ付きにしたり、プラチナにしたりという質感に始まり、華やかさやデザインなども後悔しないように、飽きのこない結婚指輪を選ぶことがおすすめです。

「4C」には、おふたりの希望のデザインが見つかるように、種類やデザインも幅広い種類を用意しています。国際基準に対応できるダイヤの品質も加えて、安心した結婚指輪選びが可能になるでしょう。ぜひ、お試しプランを活用したり、Webサイトをチェックしたり、妥協しない結婚指輪選びを目指しましょう。

 
札幌の結婚指輪ブランドショップを比較するサイト