人気店をチェック!札幌の結婚指輪ショップガイド

ミキモト

ミキモト(札幌)のマリッジリングの特長、評判、店舗情報を紹介しています。

親子三代ミキモトも珍しくない、評判の良い老舗ブランド

世界で初めて真珠の養殖に成功した、御木本幸吉氏が創業した老舗のジュエラー。

厳選された素材高度な細工技術繊細なデザインが特徴のジュエリーは、時代を超えて、女性たちの心をとらえてきました。

ブライダルジュエリーにも力を入れており、婚約・結婚指輪も種類豊富です。

歴史あるブランドだけに、「親子三代ミキモトのブライダルジュエリー」というカップルも少なくありません。

デザインはオーソドックスですが、品質が高く気品があり、いつまでも飽きが来ないと評判です。

世界に羽ばたく日本随一のジュエラー「ミキモト」のあゆみ

1893年に現在のミキモト真珠島にて、半円真珠の養殖に成功した御木本幸吉氏が創業したミキモト。日本随一のジュエラーとなったミキモトの歴史についてご紹介します。

  • 三重から銀座へ。そして世界へ羽ばたいたミキモトのジュエリー

ミキモトの歴史は、1899年に日本初の真珠専門店「御木本真珠店」を銀座に開店したことからはじまります。三重県の鳥羽で真珠の養殖を成功させながら、日本、そして世界へと、その照準は早い段階から広大な世界を見ていたことがわかります。

1893年にはコロンブス万国博覧会へ養殖真珠をあしらった工芸品を出品し、1913年にはロンドンの支店を開店しました。その後もパリ・ロサンゼルス・ニューヨークなど各国に支店を構え、多くの女性の心を魅了するハイジュエラーとしての地位を獲得していきました。

  • 宮内庁御用達のミキモトジュエリー

1907年には「御木本金細工工場」が開設されました。これは日本で初めての本格的な装身具加工工場であり、高品質な宝飾品を生産から販売まで一貫して行うスタイルを確立させました。

ミキモトは真珠の養殖にとどまらず、徹底した美への追及に取り組み、1924年には宮内庁御用達の宮廷宝飾店となりました。確かな技術・責任ある装身具への思いが認められた証ともいえるでしょう。

ミキモトのダイヤに込められたハイジュエラーとしての誇り

ミキモトといえば真珠。しかし、ダイヤモンドにも多くのこだわりを持っています。ミキモトは、日本におけるダイヤモンドの歴史を積み上げてきた第一人者ともいえる存在です。結婚指輪選びのなかでも、ダイヤモンドの品質を重要視している人は多いでしょう。ここでは、ミキモトのダイヤモンドへの思い、判断基準についてご紹介します。

  • ミキモトの加工技術と4Cの徹底評価

ミキモトは、ヨーロッパで加工技術を学ぶかたわら、ダイヤモンドの研磨機や加工機械を日本へ持ち帰りました。ミキモトはダイヤモンドの加工技術だけでなく、徹底した品質管理にも注力しています。

ダイヤモンドはG.I.A.の基準である4C(カット・カラー・クオリティ・カラット)によって評価されています。計測できるカラット以外は人の目で判断されるのですが、ミキモトではミキモトの宝石鑑定者が熟練したプロの目で責任をもって評価しています。

  • ミキモトだけの判断基準「Criterion(クライテリオン)」

4Cはもちろんのこと、ミキモトではさらにもう一つの判断基準を設けています。「Criterion(クライテリオン)」では、白色の光・虹色の光・きらめきの3つの輝きが最もバランスのよいダイヤモンドを選別しています。

4Cが素晴らしくても輝きのバランスがよくなければ、ミキモトのダイヤモンドとして認められないのです。

日本古来の伝統・デザインとヨーロッパの技術が融合した「ミキモトスタイル」

ミキモトは日本の伝統を大切にしながらもヨーロッパの技術をとりいれた、オリジナルデザインを生み出すことに積極的でした。ミキモトが装身具技術の発展に力を注いだ結果誕生したのが「ミキモトスタイル」です。

  • 日本初期にミキモトが作り上げた「矢車」

ミキモトスタイルを象徴する一品が「矢車」。1937年にパリ万博に出品された帯留で、複数の部品を組み合わせることで12種類の使い方ができる多機能性を備えています。細やかな細工と独創的なデザインは、ミキモトスタイルが余すことなく表現されています。

  • ミキモトのクラフツマンが手掛ける細工の美しさ

1907年には「御木本金細工工場」が開設されました。これは日本で初めての本格的な装身具加工工場であり、高品質な宝飾品を生産から販売まで一貫して行うスタイルを確立させたのです。

それまでの日本になかった技術を導入することで細工の技術も豊富に培われ、多くのクラフツマンが誕生しました。欧米に負けない技術で美しいジュエリーを多数作り上げ、現在でも変わらずに継承されています。

シンプルな中にも一流の矜持が漂うマリッジリング

「マリッジリングは常に身に付けておくもの」ということを念頭に置いているので、基本的にデザインはシンプル、飽きのこないストレートなタイプがメインになっています。

もちろん優雅なカーブを描くリング、ライン入り、ダイアモンドをあしらったものなども用意されていますから、カップルの希望に沿って選択することができます。

二人で同じデザインの指輪をつけるのもいいですが、同じテイストでデザイン違いのものを選ぶのもおすすめ。また、エンゲージリングとのセットで重ねづけできるタイプも人気があります。

ミキモトの結婚指輪にかんする口コミ

結婚指輪はミキモトと決めていて、シンプルなデザインのものを購入しました。お値段もそんなに高くなく、求めやすいと思います。

人とは違う指輪を探していて、いいなと思ったものがたまたまミキモトでした。周りにも中々好評で、満足しています。

ミキモト丸井今井札幌本店

  • 営業時間:10:00~19:30
  • 定休日:年中無休
  • 住所:札幌市中央区南1条西2-11

札幌の他のショップをみる

1位はどのブランド? 札幌でおすすめの結婚指輪ランキング>>

 
札幌の結婚指輪ブランドショップを比較するサイト